光学資料

Technical Optical Data

エリアセンサー CCD & CMOS イメージャーサイズ(単位:mm)

下記は代表的なサイズです。同じインチでもサイズが違うものもあるのでご注意ください。

センサーサイズ

CCTVレンズの撮像範囲及び焦点距離の求め方

撮像範囲及び焦点距離の計算式

例題

10mの距離にある物体を1/2″カメラにて焦点距離(f)25mmレンズを使用して撮像した場合、その物体の高さ(Y)はいくつになるか?

10mの距離にある物体を1/2″カメラにて焦点距離(f)25mmレンズを使用して撮像した場合、その物体の高さ(Y)はいくつになるか?

例題

10mの距離にある高さ3mの物体を1/2″カメラにて撮像する場合、そのレンズの焦点距離(f)はいくつになるか?

10mの距離にある高さ3mの物体を1/2″カメラにて撮像する場合、そのレンズの焦点距離(f)はいくつになるか?

モニター倍率及び総合倍率の求め方

モニター倍率
モニターインチ数 × 25.4(1インチ) ÷ カメラ対角イメージサイズ
総合倍率
モニター倍率 × 光学倍率

例題

10mの距離にある高さ3mの物体を1/2″カメラにて撮像する場合、そのレンズの焦点距離(f)はいくつになるか?

10mの距離にある高さ3mの物体を1/2″カメラにて撮像する場合、そのレンズの焦点距離(f)はいくつになるか?

フロントコンバータレンズとリアコンバータレンズ

このレンズは単体では使用できず、主レンズと組み合わせて使用するレンズです。
フロントコンバータレンズは主レンズの前側に取り付けて使用し、リアコンバータレンズは主レンズの後側のCマウントに取り付けて使用します。その時、光学的性質が以下のように変化します。

M
主レンズ倍率
NA
主レンズ前側開口数
NA’
主レンズ後側開口数
MI
フロントコンバータレンズ倍率
M2
リアコンバータレンズ倍率
MT
トータル倍率
NAT
前側トータル開口数
NA’T
後側トータル開口数
フロントコンバータレンズとリアコンバータレンズの特徴

ラインセンサ イメージサイズ(単位:mm)

ラインセンサのイメージサイズ

結像関係式

f
焦点距離
FF
前側焦点
FF’
後側焦点
H
前側主点
H’
後側主点
P
物点
P’
像点
S
前側主点より物点までの距離
S’
後側主点より像点までの距離
X
前側焦点より物点までの距離
X’
後側主点より像点までの距離
M
倍率
R
分解能
d
被写界深度
R’
撮像素子の分解能(2画素分)
λ
波長
NA
物体側開口数
NA’
像側開口数
結像関係式
  • Mが負の場合は倒立実像となり、正の場合は正立虚像となる。
  • 一般的なレンズはMが負であり、フロントコンバータレンズ、リアコンバータレンズは正である。
  • Mが正のレンズは単体では使用できず、Mが負のレンズと組にして使用する。
  • CCTVレンズを倍率Mとして使用する場合のレンズの繰出し量はX’となる。

ディストーション(歪曲収差)

ディストーションの形状
f
焦点距離
FF
前側焦点
FF’
後側焦点

Dの値が正の場合は糸巻型、負の場合は樽型ディストーションとなる。

TVディストーション(DTV)は光学的ディストーション(D)の1/3以下となることが多い。